90日で愛が復活「復縁メールの使い方」

忘れられない人と復縁したいと思っているあなた 相談してみませんか?
☆只今「復縁メール集」プレゼント中~☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男は付き合った女性をコレクションしている

今年は新年早々から芸能界の大きな話題が続いて忙しいですね。
中でも未だに収まらないのが、ベッキーさんとゲスの極み乙女川谷絵音さんの不倫騒動。

この二人に関してはlineのやりとりから妻の証言まで
いろんな情報が出ています。

結婚しているのを隠して独身女性に近づき
結婚して数か月で新妻に離婚を突き付ける


これだけでも、なんて身勝手な男だと言われても仕方ない行動ですが

川谷さんの性格を憶測させるエピソードとして

「元カノにずっと好きだった」と言われ
「どうしたらいいのか分からない」と、

あろうことか、妻に泣きながら相談していたというからびっくりです!
この話を聞いて、ドン引きした女性は多かったのではないでしょうか?

普通にあり得ないですよね^ ^;

そんな言動から見てこの人は
いい意味で素直、純粋、でも不安定で、頼りない男性なんだなと想像することができます。


ここで、川谷さんの奥様がえらいなって思ったのは
川谷絵音さんの告白を受けて感情的になって怒らず

「よく考えて答えを出してね」と諭しているところです。
実際はどんな風におっしゃったのかは分かりませんが

ブチ切れてもいいところだと思います^ ^;


でも、好きな男と結婚したいのであれば
そこで彼を責めないのが正解なのです。


私は恋愛ノウハウ本や、心理系の本を普段から良く読むのですが
"男の過去の恋愛について"参考になる事例がこの本にも書かれていました。



察しない男 説明しない女 [ 五百田達成 ]

【男性にとって元カノは自分の大切なコレクション】


男は誰でも"元カノアルバム"なるものを持っていて
大切にしまっているんですよ。

女性は常に今一番好きな人以外は目に入らないので
元カレのことは上書され、無関心になります。
(でも、決して忘れたわけじゃないんですよ。ちっちゃくなってるんです(笑)

男は、お付き合いした女性のことは
どんな別れ方をしても「元カノはオレのお気に入り」であることには違いないのだそうです。


男性の皆さん そうなんですか?

復縁に成功する確率が女性の方が高くなってる理由が
そこにあるのかも知れないですね。

おそらく男性は元カノに対しての警戒心が女性より薄いのです。


付き合っていた頃より魅力的になって目の前に現れたら
衝動的になることもあるのでしょうね。


だからと言って、今カノ、元カノと板挟みになってしまった時に
相談する相手を間違ってはいけません。
川谷さんの例は特殊です。


【終わった恋愛をあれこれ詮索するのはマナー違反】

復縁相談でもよくあるんですよ。
元カノのことをいろいろ詮索して彼にウザがられたとか
今も連絡取ってるんじゃないか?と疑ったことから喧嘩になってフラれてしまったとか


こういうことでお別れまでいってしまうのって
もったいないと思います。



もしも、あなたの彼が元カノからもらったプレゼントを大事にしていたり
写真を隠しているのを目にしても、そっとしておいてあげましょう。


『男の思い出好き』を責めたりしないでね。


復縁相談は年中無休で受け付けています^ ^

ありえすにメールで相談してみる



復縁の第一歩は1通のメールから。
けじめメールを送ってみよう


関連記事
[ 2016/01/30 18:04 ] 元カノと復縁する方法 | TB(-) | CM(-)
復縁アドバイザー:ありえす

ありえす プロフィール
ありえすのブログへようこそ。

↓応援しねネ!
復活愛ブログランキング

元カレとよりを戻すことができた体験談を書いています。以来「恋愛マニュアル」に関心をもち、只今研究中です。
マニュアルについて率直な感想を書いています。よく探せばネタバレもあります。失恋して悩んでいる方には参考になる情報がきっとあります。

復縁についての悩み・マニュアルに関するメール相談も受け付けていますご遠慮なくご相談ください。

初回無料です。お気軽にどうぞ♪
  ↓   ↓
ありえすにメールしてみる



私について、もうちょっと詳しいことはプロフィールを見てネ。

復縁メールの書き方伝授します!
そのメールは今必要ですか?
ランキング
相互リンク
検索フォーム


レンタルサーバーFX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。