90日で愛が復活「復縁メールの使い方」

忘れられない人と復縁したいと思っているあなた 相談してみませんか?
☆只今「復縁メール集」プレゼント中~☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

復縁するには、別れを受け入れてからメールすること

こんにちは。ありえすです。
今日は復縁メールに関して 思うことをお話します。


お別れした相手に送るメールを大切にしてくださいね。
みなさん、あまりにも簡単に考えていないでしょうか?


「今までありがとう。出会えて良かった♪」


こんな感じのメール1通送っておけば簡単に元カノも元彼も
自分のことをわかってくれるだろう、印象が良くなるだろうと
勝手に思い込み、


数行しかないメールをポン!と送る。


それ、間違ってますよ!?
詳しいことは、過去にも書いているので合わせてお読みください。
⇒復縁のきっかけを作るケジメールを送りましょう。


こちらに復縁準備に当たって重要なことを書いています。


でも、相談メールをもらう中で
なかなか私の思いが伝わっていないことに気がつきました。


ケジメールを送るなら、決死の覚悟を持ってメールを打ってください。


これが最後、本当にもう会えないかも知れないって
覚悟をしたうえで、書いてください。


だったらたった数行で済むものではないでしょう?


ゴメン、本当にごめんネ、反省している、今度は頑張るから
もう一度チャンスをください!などなど


タラタラこんな侘び言葉ばかり書いている人もいますが、
そんなことは 別れたお相手は どっちかって言うと
もうどうでもいいんですよ。



それより、別れを受けれ早く前向きになってくれたら・・と願っています。
あなたの願っていることと、お相手の方が今感じていることは


違うんだってことを認識した方が
復縁へのスタートは始めやすいのです。



また、もうお別れしているのですから、
馴れ馴れしい言葉や、態度も控えめにしましょう。


○○ちゃん⇒○○さん(あるいは名字(姓))あなた


このあたりもけじめをつけましょう。
ここでも、あなたがお別れを受け入れる決意をしたという
意思を示していることになります。


ですが、この場合は2つに別れます。


二人の新密度の度合い、お付き合いした年月にもより
「他人のような呼び方はやめよう」となる場合もよくあります。


この辺りは、ご自分の中で判断されてください。
読めてない方もたくさんいて、
イタイメールを送っている場合があります。


当然返信率がよくありません。



よくいただくご相談で
「ありえすさんのケジメールの記事を読んでいいな!と思ったので
送っておきました。でも返事が来ないのでもう一回送ってみようと思うのですが?」




「・・・・・」



ケジメールを送っていいのは1回きりです^ ^;
何度も使えないので 本当に心をこめて送ってね。



ポイントは
・別れを受け入れます。
・そして自分は生まれ変わろうと思います。
・いつかまたお会いできると嬉しいです。
・今までありがとう。好きでした。


以上です。


復縁へ導いてくれる教科書として「復縁マニュアル」がいろんなところから出ていますが
もし、使うのであれば自分に合ったものを選んでくださいね。

あなたを変える復縁方法はきっと見つかります⇒復縁マニュアルの選び方


☆よろしければありえすの無料サポートも利用してくださいネ^ ^


ネタバレ 復縁マニュアル
復縁マニュアルを使うならココに注意
関連記事
[ 2013/04/26 17:15 ] 復縁メール内容はこれで決まり! | TB(-) | CM(-)
復縁アドバイザー:ありえす

ありえす プロフィール
ありえすのブログへようこそ。

↓応援しねネ!
復活愛ブログランキング

元カレとよりを戻すことができた体験談を書いています。以来「恋愛マニュアル」に関心をもち、只今研究中です。
マニュアルについて率直な感想を書いています。よく探せばネタバレもあります。失恋して悩んでいる方には参考になる情報がきっとあります。

復縁についての悩み・マニュアルに関するメール相談も受け付けていますご遠慮なくご相談ください。

初回無料です。お気軽にどうぞ♪
  ↓   ↓
ありえすにメールしてみる



私について、もうちょっと詳しいことはプロフィールを見てネ。

復縁メールの書き方伝授します!
そのメールは今必要ですか?
ランキング
相互リンク
検索フォーム


レンタルサーバーFX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。